認知行動療法とは?

認知行動療法

 

認知行動療法(Cognitive Behavior Therapy / CBT)というのは、認知や行動に働きかけて気持ちを楽にする精神療法(心理療法)の一種です。「認知」というのは、ものの受け取り方や考え方という意味です。

私たちは、自分が置かれている状況を絶えず主観的に判断し続けています。これは、通常は適応的に行われているのですが、強いストレスを受けている時やうつ状態に陥っている時など、特別な状況下ではそうした認知に歪みが生じてきます。その結果、抑うつ感や不安感が強まり、非適応的な行動が強まって、さらに認知の歪みが引き起こされるといった悪循環のスパイラルに陥ります。

認知行動療法では、気持ちが大きく動揺したりつらくなったりした時に、自動思考と呼ばれる頭に浮かんでいた考えに目を向けて、それがどの程度、現実と食い違っているかを検証して、思考のバランスをとっていきます。また、日常の中でホームワークを用いながら面接を行って、問題解決に向かうという特徴があります。

認知行動療法は、欧米ではうつ病や不安障害(パニック障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害など)、不眠症、摂食障害、統合失調症などの多くの精神疾患に効果があることが実証されて広く使われています。


詳しくは、ブログで解説しています。

 

ルームターンブルーの認知行動療法

ルームターンブルーでは、認知行動療法が有効な方に次のことを大事にして認知行動療法を行っています。

  • クライエント様の悩みや問題点だけでなく、強みや長所も洗い出して治療方針を立て、それを互いに共有しながら、目標が達成できるように面接を進めていきます。
  • クライエント様との温かく良好な治療関係を大切にし、力を合わせて問題が解決できるように協同作業を行います。
  • 無理のない形で行動を活性し、楽しめる活動ややりがいのある活動を増やしたり、自信やコントロール感覚を取りもどせるようにします。
  • 同じく無理のない形で考えに焦点をあてて偏りを修正し、ネガティブ感情や認知の歪みを修正していきます。
  • そのほか、症状に影響していると考えられる問題を解決し、適応力を高めて再発予防に努めます。

不在中やカウンセリング中など、電話に出られない場合がございます。
その際は、こちらからおかけ直しいたしますので、留守番電話にお名前とご連絡先をお願いいたします。