キャリアコンサルティング


キャリアコンサルティングとは、就職希望者が自らの適性、能力、経験などに応じて職業生活を設計し、効果的に職業選択や職業能力開発を行うことができるように、個別にキャリアデザインの相談を行うことをいいます。

キャリアコンサルティングを通じて自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中からご自身にあった仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。

また、ご自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段のひとつとして、キャリアコンサルティングを活用することもできます。

ルームターンブルーのキャリアコンサルティング


企業様においては、入社時や役職登用時、育児休業からの復職時など、効果的なタイミングで従業員に提供することにより、職場定着や働く意義の再認識を期待できるほか、人材育成上の課題や従業員のキャリアに対する意識の把握、ひいては生産性の向上につながるといった効果が期待できます。

 

<例>

・セルフキャリアドック制度におけるキャリアコンサルティング

・企業内キャリア形成支援

・転職支援

・職業能力開発制度と人事評価制度、キャリアコンサルティングの有機的な連携支援

・新入社員のキャリア形成支援

 

また、ルームターンブルーでは企業だけでなく、教育機関におけるキャリア形成支援も重要であると考えています。

若年者の学校生活から職業への円滑な移行に当たっては、初等教育、中等教育、 高等教育の各段階において、児童・生徒・学生のそれぞれの発達課題に即して、 職業・仕事意識やキャリア意識を形成していくことが求められています。したがって、若年者に対するキャリアコンサルティングにあっては、単に「その時点の就職を斡旋する」のではなく、将来のキャリア形成スケジュール設計を含めた「キャリア形成支援」が重要であり、将来を設計するためには、進路選択の基本的方向付けがなされる前の、初等中等教育段階からのキャリア教育が重要となっています。

したがって、ルームターンブルーでは、個人のキャリア形成の全段階を支援するという観点から、どこへ「つなぐ」と本人の希望するキャリア形成に至る可能性が高まるかという、大局観を持ったキャリアコンサルティングを行い、それを受けて専門高校、大学等では具体的な就職活動に至るような支援をしています。そのためにもルームターンブルーでは、単なる進学・就職支援や1対1 のキャリアコンサルティングだけに留まらず、学校様と連携し、本人の適性や生活環境等についてよく把握したうえで、本人のやる気・意欲を喚起して、能力や適性に気づかせるような「自らが考えるキャリア形成」を支援しています。

 

<例>

・大学進学者向け進路相談

・中学、高校生向け進路相談

・不登校、ひきこもり向け進路相談(家族支援含む)

・コミュニケーション能力の育成

・キャリア教育プログラム企画、運営、評価支援

・職業、仕事意識の啓発及び明確化

 

不在中やカウンセリング中など、電話に出られない場合がございます。
その際は、こちらからおかけ直しいたしますので、留守番電話にお名前とご連絡先をお願いいたします。